細胞治療を安全で身近な医療とするために。

公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 細胞療法研究開発センター

当センターでは、細胞療法・細胞治療を安全で安価に利用できる医療にすることを目的としています。研究事業では、細胞製剤の安全性を担保するための試験デザイン、培養法や品質検査法の規格化に関する研究・開発を行っています。また、研究の成果を培養細胞のリアルタイムモニタリングシステムに応用し、QbD(Quality by Design)による次世代型自動培養装置の共同開発事業にも取り組んでおります。そして、CMO事業部では、2019年1月にPIC/S GMP, FDA cGMPの厳しい品質管理基準を満たした日本でも数少ない細胞製造施設としてノバルティス社からCAR-T(Kymriah)の製造を受注しました。細胞療法を待ち望む人に明るい未来を届けるために、熱意をもった方々をお待ちしております。

採用情報はこちら